HIKALINO ...see you in heaven


ときどき日記
by hikarino_i
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

エネルギーを変える

毎日暑〜い日が続いていますが、
皆さんはこの夏をどうお過ごしですか?

私は、今まで避けていたことをやってみようかなと思いついたので、
以前友人に誘われた時に断った演劇のワークショップに行ってみました。

人前で何かをするなんて、できる限り避けて来たことでしたが、
いざやってみるといろいろ気づきが多く、楽しいものでした。

このワークショップ自体が、
自分を縛っているものを取り除くことを意識したワークが多いので、
自分ひとりでは気づけなかった気づきに気づけたり、
生活の中ではできない経験をして、
かなり大きな不要なエネルギーを手放すことができました。


ヒーリングをするとエネルギーの変化が早いので、
それはそれでオススメですが、
ヒーリング以外でもこのように、
避けて来たことをしてみるとか、
嫌いなことをしてみることで、
エネルギーを変えるきっかけになりますし、
自分で経験するという点では、
ヒーリングよりも大切な場合も多いかもしれません。

ある会社の社長さんが、会社の業績が上がった理由のひとつに、
毎朝社員トイレを掃除して、
余計なプライドを捨てることができた。
という話をしていたのを聞いたことがありますし、

私自身の経験では会社勤めをしていた当時、歩くのが嫌いだったので、
「じゃあ通勤のひと駅を歩いてみよう!」
と歩き始めてみたところ、3か月後にチーフになったことがあります。

また逆に、好きなことを始めるのもよいですし、
したくなくてしていたこと(つきあいの飲みなど)
をやめるのもよいようです。


これをしたから必ずこうなるとは言えませんが、
それをきっかけにエネルギーが変われば、
人それぞれ、何かしらの変化があると思います。

大切なのは、どの方法を選択しても、
それを楽しんでやること♪です。

それもムリに楽しむのではなく、
「あれ?なんかこれ以外にいいかも♪」
みたいな感じで、肩の力を抜いて楽しむのがよいですよ^^


エネルギーを変える方法はいくらでもあります。
ここは経験していくか、ヒーリングでいくか、など、
ご自分のペースややりたいこと、状況で選んでいってみてくださいね。
[PR]
by hikarino_i | 2010-07-25 20:04

深呼吸の方法☆

a0153065_23412.jpg

今日もいい天気でしたね。
早くもセミの声を聞くようになりました。

さて、深呼吸の方法について質問をいただきましたので、
いつも私がやっている深呼吸の方法を説明しますね。

ご自分の呼吸法をお持ちでない方は、
よかったら参考にしてみてください。


正座、または椅子に座って、
ムリのない状態で背筋を伸ばします。
(背筋がまっすぐな方が、エネルギーの流れがよくなります。
 が、ムリのない程度で)

自分が、クリーンな空気の中にいることを想像します。

鼻からゆっくり息を吸って、
丹田(おへそから指3本くらい下、おなかと背中の間くらいの位置)
に息を溜めます。息を吸える限界まで溜めていきます。

この時、吸う呼吸に合わせて白く輝く光が鼻から食道、胃、
と通っていくようにイメージしたり、
呼吸とともにお腹を膨らませると効果的です。

限界まで溜めたら、「ハー」という呼吸音とともに、
ゆっくりと、口から吐きます。

その時、息(白い光)が口からだけでなく、
体中の毛穴から出ていきながら、
体がリラックスしていくイメージをします。
この時、お腹をへこましていくと効果的です。

あとはこれを繰り返します。


慣れてくると、この呼吸法をすると体が熱く感じられたり、
寝る前にやると、よく眠れるようになりますよ^^
[PR]
by hikarino_i | 2010-07-18 02:03

もし。。。

先のことを考えて不安になったら、
深呼吸、深呼吸☆

今の自分を信じて、自分を楽しんでくださいね。

先のことばかりに目がいっちゃうと、
今目の前にある未来への種を、
見逃してしまうことにもなるかもしれません。

「今のあり方(心の持ち方)」が、未来を作ります。


「今」、「この瞬間」を、
大切に、丁寧に、誠実に楽しんでいると、
きっと素敵な未来に繋がっていきますよ(^^ゞ
[PR]
by hikarino_i | 2010-07-12 18:11

日光浴☆

a0153065_13414247.jpg

今日はとっても気持ちいい天気なので、
クリスタルもなんだかうれしそう♪

私も後で、公園にごろ〜んしに行こうっと。

あ、まだレジャーシートを買っていなかった。。。


先月の終わりの満月(26日)の頃から、
強い浄化のエネルギーが流れたようです。

もし、妙に落ち込んだり、すっごくネガティブになったとしたら、
それは浄化のエネルギーに促されて、
自分の中の不要なエネルギーが出ていっただけですので、
気にせず安心して、そのまま流しちゃってくださいね。


しばらくこの浄化のエネルギーの波はあるかもしれないので、
気持ち的につらいときは、ムリに抑えようとしたり、
ネガティブなことを考える自分を責めたりせず、
この機会に放出して、スッキリしちゃってください。

泣く、怒る、叫ぶなど、人前では難しいことは、
自分の部屋で思いっきりやってよいですし、
紙に書いて破いて捨てるでも構いません。

汗からも不要なエネルギーは出ていきますので、
スポーツをする、お風呂にゆっくり入って汗をかく、
また、カラオケで本気で歌うのもオススメです。

逆に、もし周りに感情的になっている人がいたら、
この浄化のエネルギーの影響だと心得て、
深刻に受け止めずに、見守ってあげてくださいね。
[PR]
by hikarino_i | 2010-07-10 13:41

「こころとからだの健康法」

a0153065_15342263.jpg

先月出版された
「ホリスティックヘルス こころとからだの健康法」
編著 サロン・ド・ソフィア
発行 株式会社カナリア書房
という本に、掲載させていただきました。

体からも心からも、取り組める健康法がたくさん紹介されていて、
自分に合った健康法を探されている方には、興味深い内容の本になっています。


その「はじめに」の中で、
「心と体はつながっている、とよくいわれていますが、
 どこまでそのつながりを認識して生活しているでしょうか。
 なかなか、難しいことです。

 体調がよくなくても、よくても、体は心の状態を表しているのです。

 視点を変えてみると、体調をみていくのに、
 体の状態を通してみていく方法、
 心の状態を通してみていく方法、
 どちらの方法でもよいということです。

 そのとき取りくみやすいものや、好み(マッサージが好きなら体、
 居心地のよいサロンで癒されるのが好きなら心)で決めてよいものです。

 “治療を受けるレベルではなさそうだが、
 ケアをしていきたい、治していきたい”と感じていたら、
 セラピーやヒーリングを試してみる機会かもしれません。」
と触れられていました(一部抜粋しました)。

ニュースなどで医師不足と耳にしますが、
セラピーやヒーリングで病気になる手前でケアすることにより、
病気の一歩手前から健康に繋げていくことが広がれば、
医師不足も、大きな問題ではなくなるかもしれません。

実際、セラピーやヒーリングを現場に取り入れている病院も
少しずつですが、増えてきているようです。

ムリがなく、気持ちよく自分をケアして、心も体も健康であることが
より身近になっていくとよいな♪ と心から思います。


この本へは、
MINAKURUのシンディさんの紹介で掲載させていただきました。
シンディさんも、リーディングページで掲載されています。

シンディさんのソウルリーディングは、
正確で細やかで、地に足がついている感じです。

ご自分の魂の目的、使命、資質なども知ることができますので、
興味のある方は、一度セッションを受けてみると面白いですよ。

MINAKURU:http://www.minakuru.biz


最後になりましたが、
サロン・ド・ソフィア様、お世話になりました。
ありがとうございました。
[PR]
by hikarino_i | 2010-07-06 15:34

信念を明らかにするワーク☆

よく見るブログに面白いワークが載っていたので、
ここでも紹介させてもらいますね。


「信念を明らかにするワーク」

信念というと、自分の生き方において大切なもの、と捉えがちですが、
実はこの思考パターンが自分のブロック(抵抗)になっていることが、
多々あります。

それを見つけるワークです。

やってみると、「なるほど!」「ああ、そうなのよ〜っ」
という結果が出て、意外に面白いですよ^^

以下抜粋です。


・・・・・・・・・・

A4くらいの紙を1〜2枚用意します。

紙の真ん中に、水平に線を引いて上下に区切ります。

そして、子供の頃に自分の世話をしてくれた人の「ポジティブな性質」を
線から上にリストしてみます。

「優しい」「気遣い」「愛情深い」「公平」

そんな性質を短い言葉で、箇条書きで書いていきます。
これを(1)とします。

それができたら、次に移ります。

今度は、その人たちの「ネガティブな性質」を、下半分に書いていきます。

「冷たい」「批判的」「嫉妬深い」「嘘つき」

いろいろな性質があると思います。
これを(2)とします。

以上は、自分が子供の立場に戻って書いてみるのがポイントです。

これができたら、次に移ります。


今度は紙の裏に、
今のあなた、つまり大人の立場に立って、
「その人たちからあなたはどう扱ってほしかったのか」
を書いてみます。

「私が親からもらいたかったもの、必要だったものは・・・・・・です」

この「・・・・・・」を埋めてみてください。
これが(3)です。

ではまた次の作業に移ります。

今度は、次の質問に答えてください。

「子供の頃、何か物事がうまくいかなくてフラストレーションを感じたとき
 あなたはどういう行動をとりましたか。
 そのパターンを教えてください」

これも短い文で簡潔に答えます。

たとえば、
「ルールを破る」
「引きこもる」
「泣く」

なんていう方法があるでしょう。
それを思い出して、紙の空いたスペースに書いておきます。
これが(4)です。


以上で作業は終わりです。

これができたら、紙の空いたスペース、または別の紙に、
以下のところを埋めてみます。


●わたしは(2)のような人を人生に引き寄せることがあります。

●わたしは実はその人たちに(1)のようになってほしいのです。

●そして、(3)が欲しかったのです。

●でもわたしは(4)の方法を使って、(3)を得るのを拒否しています。


(1)が「愛情あふれた」「理解のある」「包容力のある」
(2)が「怒っている」「批判的」
(3)が「愛情」
(4)が「ルールを破る」「引きこもる」だとすると、

●わたしは「怒っていて」「批判的」な人を
 人生に引き寄せることがあります。

●わたしは実はその人たちに、「愛情あふれて」「理解があり」「包容力のある」ようになってほしいのです。

●そして、「愛情」が欲しかったのです。

●でもわたしは「ルールを破る」「引きこもる」という方法を使って、
 「愛情」を得るのを拒否しています。

となります。

いかがでしょうか?
これがあなたの信念なのです。


この例では
「怒っていて」「批判的」な人は、あなたが最も嫌いな人でしょう。

しかし、そこに焦点が当たっていると、
しばしば嫌いな人を引き寄せてしまいます。

また「愛情あふれた」「理解のある」「包容力のある」は、
あなたが「いい」と思う性質です。

この性質を持った人が、あなたの「いい人」なのです。

「愛してほしかった」のは、
子供の視点から一番ほしかったものを示しています。

一番重要なのは、最後のところです。

「ルールを破る」「引きこもる」は、
子供のときに身につけた物事への対処の方法です。

しかし、この方法は今でもあなたの行動を左右していることがあります。

「ルールを破る」「引きこもる」という方法を微妙に変えて、
大人になっても使っていることがあるのです。

以上が、あなたの信念の一例を示しています。

こういう信念は、
何か大きな決断をするときや人生の転機に現れてきます。

そして、同じ行動パターンをとらせてしまうのです。

「相手のことが好きなのに、迫られると逃げてしまう」
「仕事ではいい線まで行くのに、最後に失敗してしまう」
「いい人を望んでいるのに、全然違う人と出会ってしまう」

などの場合は、このワークで明らかになった信念が引き寄せていたり、
特定の行動をとらせていることがあるかもしれません。

こうした信念を変えたいときは、
逆の信念をたくさん自分に言い聞かせればいいのです。

「幸せになっていいよ」
「成功してもいいよ」
「仲間になっていいよ」

そんな言葉をたくさん自分にかけていきます。
これを繰り返すことで、徐々に信念が変わっていきます。


以上、「信念を見つけるワーク」でした☆
少しでもご参考になれば幸いです^^
[PR]
by hikarino_i | 2010-07-04 13:42

思いっきり、、、☆

a0153065_10131233.jpg

「思いっきり

 福を

 招いて

 いるからね。」



昨年LOFTで、
父の誕生日に送るカードを探していて見つけました^^

かわいくて気に入ったので、自分用にも購入♪

の~んびり、のびの~び♪
[PR]
by hikarino_i | 2010-07-03 10:13

許すという感覚は、

許すという感覚は、
正しさだけで生きていると得ることはできません。

間違っていたり、人から非難されたり、
悪と呼ばれる経験があってこそ、得られる感覚です。

もし、罪の意識にさいなまれているなら、
どうかそれ以上、自分を責めるないでください。

誰かを責めている時も、
本当は自分の罪の意識にさいなみ、自分を責めています。


今まで生きてきた経験でその覚えがないとしても、
自分の経験は、今生きている経験だけとは限りません。

過去の生の経験は、心の奥の深いところで、
今の自分に影響を与えています。

許すという感覚を知るために、その経験があったのです。

自分を許してください。

なにをやっても、どんなことをしても、
あなたは、かけがえのない存在です。


あなたはわたし
わたしはあなた
[PR]
by hikarino_i | 2010-07-01 09:20
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧